真鶴邸 訪問

 New Fujiyama お披露目の5月26日に訪問の予定をしていたのだが、多くの参加者が見込まれていたこともあり、「遠路から音源を持ち込んでも、ゆっくり聴いていただけける時間がとれないでしょう」とのリベロさんの配慮もあって、10日のステラさんの持ち込みバッテリー電源「Stromtank」のデモ日にダブル・ウーファーズとも交流のあった京都在住のTさんとともに、リニューアルされた真鶴邸を訪問させていただくことになった。
イメージ 1

イメージ 2
真鶴には、20079月に初代Fujiyamaのタイムアライメントを調整すべく訪問させていただいて以来、12年ぶりの再訪問となった。
前回訪問時から、リスニング・ルームもFujiyamaのスピーカー・ユニットやホーン構成も大きくリニューアルされており、この大型のスピーカー・システムをTRINNOVALITITUDE」が、どの様にサウンド・バランスをまとめているかも期待しての訪問であった。
 
到着後、いつもハイエンド・システムを聴かせて頂く時に持ち込んでいる様々なジャンルの音源をチョイスして聴かせて頂いた。
久しぶりに聴かせていただく、このクラスの大型ホーン・システムは、広くて開放的な空間も相まって、拙宅のように市街地で密閉されたリスニング環境と異なり、予想した通りゆとりのあるサウンドを聴かせてくれた。
特にリベロ邸のリスニング環境は、窓から真鶴の海岸を眼下に見渡せる絶景の立地環境もあり、音楽鑑賞だけでは味わえないデラックスなリスニング環境は、なかなか味わえない理想的な雰囲気である。
 
サラウンド環境も含め、48枚もの振動板をもつNew-Fujiyamaの真価を発揮させるには、オーナーによる調整だけでは至難の業である。
TRINNOVという優れたサウンド・オプチマイザー・テクノロジーでもって、完成後間もない大型システムがリスナーを引き込む次元にまで纏まっており、その意味では、TRINNOV ALUTUTUDEありきのFujiyamaシステムと言っても過言ではない。
 しばらく、持ち込んだ音源で聴かせていただいた後に、ステラさんから持ち込まれた60kgもの重量がある大型バッテリー電源「Stromtank」のデモに入った。
イメージ 3
 
 商用電源から切り離されたTRINNOVや光カートリッジの比較試聴では、歴然たる導入効果が認められたものの、やはり300万を超える電源のレベルアップ投資には勇気が必要だろう。
イメージ 4

大型ハイエンド・システムのサウンドを堪能した後は、これまた滅多に味わえないハイエンドなグルメとお酒を振る舞って頂いた。
イメージ 5

眼下の真鶴海岸の絶景は、あいにくの雨でかすんでいたのが心残りであったが、リスニング環境も含めてハイエンド尽くしの一日を過ごさせていただいた。
 
リベロさんお世話になり、ありがとうございました。拙宅への訪問も楽しみにしています。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

松さん、遠路お疲れ様でした。
お客様の招待がメインで機材の試聴はあくまでサブでしたよ。
長年のマルチアンプ、同志の来訪ということで緊張感をもってお迎えしましたが、
喜んでもらえて良かったです。
体力測定の音源もクリアしたようで安堵しました。
松さんの音も聞きにいきますね。

No title

私、ツイッターもFacebookもやらない化石人間のため、まつさんのお許しを得て、この場を借りて御礼を申し上げます。リベロさんには、トリノフ使いの東西の両雄のセッションの場に急遽割り込ませていただきありがとうございました。

こういう、超大型かつホーン中心のシステムでしか出せない音というのが確実にあることを思い知らされ、そのスケール感に圧倒され続けでした。最後に聴かせていただいた「ホテル・カリフォルニア」など、(生を聴いたことはありませんが)恐らく生よりはるかに生々しく、また心地よく鳴っていたと思います。また、以前ここで「物量」に言及しておられましたが、私の予想に反した、恐ろしく切れのよいバスタムの音に驚きました。

ついでながら、食卓での会話を普通に続けながら、あの大きなラム肉の焼き加減をあれだけベストな状態にもってこられるリベロさんのお手際にも実は感嘆しておりました。今後、私も挑戦してみようと思いました。

No title

色んなハイエンド・システムのサウンドを聴かせてもらうと刺激になるだけでなく、同じ趣味で繫がった交流の場でのオーディオ談義など、大変楽しい時間を過ごすことができました。

リベロさん、Tさん 有難うございました。

No title

素晴らしい体験をされましたね!
ハイエンドな音を聴き、まつさんのシステムに磨きがかかるのではと。
いつか訪問、お聴かせせ下さい。

No title

ジャジャオさん、久々に拙宅とは対極のシステムを聴かせてもらいました。

サウンドもさることながら、立地を含めたリスニング・ルームの環境が素晴らしいです。

こちらは立地の良さもハイエンド・グルメも出せませんが、そろそろ来てくださいよ。
プロフィール

京都のまつ

Author:京都のまつ
マルチアンプ方式の再生にこだわる
オーディオファイルのサイトです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR